南カリフォルニア在住も早20年超え。日々思う事をつづります。


by xbluskyx

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

緊張の試験日

先日カリフォルニア州のエステティシャン免許の試験(筆記&実技)がありました。
試験会場はLA近郊という事と、筆記試験が朝からだったので、実技のモデルを務めてくれた友人と共に前日はLAで一泊。ホテルの宿泊客がうるさくて、睡眠時間が4時間程しか取れませんでしたが、当日は緊張のあまり眠気は全く感じませんでした。

筆記とはいってもコンピューター化されていて、受験者一人一人がPCで試験を受ける形でした。試験問題は100問だと聞いていたのに、110問もあったので少し驚きました。
試験によっては解剖学関連の問題がいっぱい出る事もあると聞いていたので、かなり警戒して試験にのぞみました。幸いそれ関連は少しでしたが、科学、生物学、細菌学、電気学(?)や肌の病気に関する問題等が均等に出ていた感じがしました。
ここ1週間は集中して試験対策用の問題集をやっていたので、実はそんなに心配しないで試験を受けたのです。でもあれだけ問題集をやっていたというのに、全く見た事のない問題(しかも同じトピックの)が2つ出ていて『何じゃこりゃ!?』と思ったのですが、他の受験者も同じように感じたようで妙に安心したり(笑)

実技の方は学校で繰り返し練習させられていたので、『あまり緊張しないだろうな』と思っていたのに、いつもと全く違う環境でやるのに物凄く戸惑ってしまい、一気に緊張が高まり、波に乗るまでが大変でした。制限時間1時間半の間に6つの課題を終わらせるのが実技です。
前半で無駄にした時間が大きく響き、時間が足りなくなってしまい、最後の課題の詰めの部分が未終了のままタイムアウト。『最後の部分ができなくても、他がきちんとしていれば余裕でパスできるわよ』と学校の先生には言われていましたが、まさか本番で未終了になるとは思わなかったので、これはかなり焦りました。

わ~ん、やばい、どうしよう...!
と結果待ちの約40分間沈没していました。うちの学校の生徒は実技で落ちる人は稀で、落ちる場合の95%以上が筆記で落ちるパターンだったのです。
まさか実技で落ちるかもしれないと思うなど、夢にも思っていなかった私。
実技で落ちて筆記が受かった場合、実技だけ受けなおしになる訳ですが、再度LAまでモデル連れで来る必要があり、非常に面倒です。それに実技で落っこちたなんて事になったら、わざわざモデルを務めてくれた友人に申し訳がたたないというものです。

ドキドキの結果発表は...
...
最初に名前を呼ばれた女性に続いて私も呼ばれて、前に出ました。
...
...
そして書類に明記されてある名前をしつこく再確認させられました。
この時点で、私ももう一人も『どっちなの?!』と超混乱状態。
合格者はバ~ッと呼ばれる形式かと勝手に思っていたので、この状態は余計緊張します。
...
...
あなた達二人は...
...
...
合格!!
と言われ、『やったあ~!』と飛び上がって喜び、もう一人の合格者とハグをしました(笑)
なぜ私ら二人だけが真っ先に呼ばれたかというと、なんと学校からの書類がきちんと提出されていない、もしくは提出が遅れたかで当日ライセンス発行ができないのだそうです。卒業から1週間程でテストを受けると、こういう事もよくあるのだそうで...(--;)
ライセンスは後日郵送されると聞いて、感激がちょっと薄れてしまいました。
後で学校に確認したら、書類の提出が試験日のちょうど2日前だった事が判明。ゲゲッ!
オイオイ、(何日間も放っておいて)何のんびりしてたんだ~?!と思わずつっこみたくなりました。
いや~、こんなに心臓に悪いテストは二度と御免だわ、とつくづく思いましたね。

うちに戻ると、うんともスンとも聞いてこない息子に『合格したよ~♪』と言うと、
機嫌悪くなかったから、やっぱりそうだと思った
と言われてしまいました。
男の子って、反応が素っ気無いわ。つまらん...(-_-)

d0131460_13244958.jpg
パフ之助さんは大歓迎してくれましたがね...。
なんとか一山越えましたが、エステティシャンの仕事が見つかるまで、あともう一息がんばらねばなりません。

ポチッ★ ←ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ←お急ぎでなければ、こちらの方もポチッと。
[PR]
by xbluskyx | 2009-08-12 13:48 | つぶやき

卒業!

予定より少し遅れはしたものの、
無事に学校を卒業しました~!\(^◇^)/
この学校の入学は3週間に1度できる為、必須時間を消化できた人から順次卒業していく形になっています。なので休めばそれだけ卒業が延期になりますが、かといって規定の欠席可能期間を過ぎたら学校にペナルティ代を支払わねばならないのです。

一時期は卒業ラッシュで、2週間のうちに4人が卒業していった時期もありました。誰かが卒業する日は、たいていポットラック&自由服(もしくはテーマが決まっていて、それにのっとった服装)になっています。なぜに自由服がスペシャルなのかというと...この学校、制服はないのですが、着ていい服や靴なんかが指定されているからです。

私の時のテーマは、『カジュアル』にしました。というのも、ここ最近で(私のすぐ前に)2人卒業していたんですが、『ちょっとヒッピー風』というテーマの時ともう一つは『ダービー・デイ』という面倒くさいテーマだったので、簡単にしたいなあ、と。もの凄~くおしゃれで衣装持ちな先生は残念がっていましたが...。
ちなみにダービー・デイとは競馬のオープニング・デイで、女性はスカート(もしくはワンピース)に大きな帽子を被るのがお決まり。

ちなみに何の学校だったかというと...ヒントはこれ。
d0131460_14205997.jpg
↑ 実習室です。
さて、何でしょうか?
...
...
病室みたいですが、違いますよ。
...
...
...
正解は、
...
美容学校のエステティシャン・コースでした。
エステティシャン・コースは、カリフォルニア州では学校で600時間学ばなければいけなくて、さらにエステティシャンとして働くには州のライセンスを取得しなければなりません。ライセンスの試験には学科と実技があります。
実技の試験対策は、学校でもかなり力を入れて指導してくれていたので、あんまり心配がないのですが、学科の方はどうしても自宅学習が中心なので、ちょっと不安です。特に最近アメリカ人の生徒が数人この学科テストの方で落ちたと聞くと、英語が母国語でない私はさらに不安になります...。
テストまであと1週間ちょっとなので、気合を入れて猛勉強しなくちゃ~!!

記念にクラスメイト達と教室で写真を撮りました。
d0131460_1437485.jpg
えっと...私の顔は白塗りにさせていただきました(^^;)

ポチッ★ ←ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ←お急ぎでなければ、こちらの方もポチッと。
[PR]
by xbluskyx | 2009-08-01 14:48 | つぶやき